潤&片瀬のパチスロ必勝法-解析から立ち回りまで-

どうすればパチスロで安定的な収入を得られるのかを追求しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願い致します♪


Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 この記事をクリップ!

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パチンコ屋の電力消費量について

投稿者:潤

茨城県在住の潤です。
被災地に認定されましたが、
パチンコ屋が何故か営業しております。

計画停電の範囲から外されたからって、
パチンコ屋は自粛したほうがいいんじゃないか、、、?
しかし実際の消費電力が不明なので、調べてみました。

パチスロ機
基本的に200W前後。
メーカーによって多少の違いあり。
最近だと100W前後のものもある。

パチンコ機
基本的に200W前後。
メーカーによって多少の違いあり。


大体2円/時くらい。3、4台で一般家庭分くらいかな。
1台につき、カラオケ(DAMとか)の大体3倍くらいだろうか。
台数とか比べても、カラオケより大分電力消費してますね。

稼働率と営業時間を考えても、
まだパチンコ屋のほうが電力消費は大きいでしょう。
統計上のデータを見ると、パチンコ屋の店舗数は、
東電の電力供給エリア内に集中しているわけではありませんが、
カラオケ屋は都心部にかなり多く集中しています。

カラオケ屋+パチンコ屋、
全部臨時閉店すれば、電力は大丈夫かもしれませんね。

しかし、カラオケもパチンコもビジネスで経営しているわけで、
なるべく節電に協力はすれど、完全に閉店してしまうと、
おそらく潰れたり、従業員がクビになったりするはずです。

そもそも一等地にあるパチンコ屋なら、土地代はかなりのもの。
借りている店舗なら、閉店しようが何だろうが、金がかかります。
広いとこだと1ヶ月200万以上かかるはずですよね。
仮に半月閉店していたら、約100万分、自腹です。

だからといって通常営業で仕方ないとは言えません。
私としては、営業中は基本的に台の電源を落として、
打つ人が店員に声をかけて電源を入れてもらえば良いかと思います


店舗側もそれなりに傷を負う形にはなるでしょうが、
私自身このタイミングでパチンコ屋に行く気にはなりませんし、
客足も減っているはずなので大分電力カット出来るはずです。

さて、この状況ですからパチンコ屋にあまり設定は入っていないでしょう。
普段パチンコ・スロットを好んで打っていらっしゃる方々の中には、
こう説明した方が行く機会が減るかと思いますので、申し上げます。
この状況でパチンコ屋行ってたら負けるだけですよ、と。

普段打ってる人はなるべく行く機会を減らし、
経営側はバイトや社員を路頭に迷わせない程度に、
なるべく電力消費を少なくする努力をされることを望みます。


最後に
今回は我々スロッターにとって、
日々の生活に密着している話題として書きました。
スロッターで無い方々にどうしてもお願いしたいのは、
それぞれ自分の生活に密着した部分で見直しを、ということです。

家庭で大きめのテレビを付けっぱなしにしているだけで、
スロを1台回しているよりは少ないかな、程度の電力を消費します。
各個人が出来る範囲内で節電をすれば、状況は改善するかと思われます。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願い致します♪


Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 この記事をクリップ!

| 緊急 | 12:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://slotwinner777.blog84.fc2.com/tb.php/89-35fcf525

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。